ダイソー mini HDMI 変換アダプター

Raspberry Pi Zero W 買ってみました。

モニター無しでインストールする方法もあるようですが、こんなのがPCとして動いている様子が見たくてモニターを繋ごうと思います。

が、「mini HDMI」なんですね。

フツーのHDMIケーブルは何本かあるけれど、mini は持っていないので変換アダプター買ってきました。

ダイソー HDMI ミニに変換アダプタ

どうやらフツーに使えるようです。

Arduino MEGA2560 互換ボード

Arduino MEGA2560 互換ボードが国内発送で1,000円程度で売られていたので買ってみました。

 

 

現時点での最新バージョンのArduino IDE 1.8.5をダウンロードして、Blinkのスケッチを書き込んでみます。

 

が、COMポートにArduinoが出てきません。

PCには認識されているのに。

windows 10 にしてからArduinoに書き込みしていなかったので、デバイスマネージャからドライバを更新してみたらUSB-SERIAL CH340 となりました。

 

でも、Arduino IDEから見えません。

 

調べてみると、どうやらArduino IDE 1.8 ではこのチップを認識しないことがあるらしい。

 

Arduino IDE 1.0.5で試すと無事に認識されてスケッチを書き込むことができました。

 

 

 

 

pebble time round バンドを交換する

普段使っている腕時計、というかスマートウォッチの部類に入る「pebble time round」。
結構気に入ってます。

少し前の話になりますが、これ使う前は「pebble time」を使ってました。普段の仕事にはちょっとおもちゃっぽくて、やはり「moto360」とかにしようかとも思ってました。
でも、電池持ちがねぇ。

その後、pebbleが買収されたりしました。
そんな時に、ふとamazonを徘徊していると「pebble time round」がまだ売られている。しかも、海外したが安い。
「pebble time」買う前に本当は「pebble time round」が良かったんですけど、値段が2倍位したので諦めたんです。
それが「pebble time」より安く買えるようになっていたとは!!!

ぽっちっと。

それはもうお気に入りでしたよ。

夏以外は。

「pebble time」みたいに普通のシリコンバンドなら良かったんですけど、ちょっと生地が貼ってあって暑いんです。

で、もちろんカスタマイズです。

amazonで物色。

私はメタルバンド派ですので、探します。
ボディーが黒なので、黒いのを。

見つけたのがこれ。

Pinhen MOTO 360 時計バンド ステンレス ウォッチ 交換ベルト バネ棒 20mm (20MM Butterfly Black)

なんかいろいろ種類があってすごくわかりにくかったですが、一応絵と同じものが届きました。

黒は塗装で、クリアが上から吹かれてます。ちょっとテカテカしてます。

まあ色は剥げても塗ればいいのでいいんですが、それより何より、

勝手に開くんです。

手首曲げると、ボタンを押してしまって勝手に開いちゃうんです。
せっかくしっかり止まっているのに、手首を内側に曲げるとボタンに当たるんです。
コマの位置を変えていろいろ試したんですが、当たってしまうんです。

そんな時は、更にカスタマイズです。

前の写真を撮ってないんですが、カスタマイズ後です。

ボタンが張り出していたのを、両側3ミリほど削りました。
これで勝手に開かなくなりました。

めでたしめでたし。

Philips ボディグルーマーBG2024を修理

普段使っているフィリップスのボディグルーマーBG2024。

充電完了の緑色のランプが点いていても、使おうとしてホルダーから外して電源を入れると赤色のランプが点滅。

充電不足のしるし。

 

こういう時は大抵バッテリーの寿命(多分)。

3,000円くらいなので、新しいものを買ってもいいんですが、替刃も買ったばかりだし、何よりこのブログの趣旨からいけばバッテリー交換しかないかと思います。

 

で、分解します。

結構無理やり。

中で回路部分が防水になってました。

写真撮り忘れましたが、中にヘクサロビュラ穴のネジ(星形みたいなやつ)が使われてます。

分解には工具が必要です。

で、ニッケル水素電池(Ni-MH)です。

単4形でした。

秋月電子とか、Amazonでも売ってますが、

使ったのはこれ。

ダイソー「ReVOLTES」

容量は750mAhです。

元のバッテリーと一緒です。

ダイソーなので、一本100円。

 

あとは、ささっと半田付けして、ボディーを戻して完成。

無事に復活しました。

 

(注)ダイソー「ReVOLTES」の説明書きには、半田付けして使用しないでくださいとは書かれていませんが、大抵のものには半田付けして使うなと書いてあります。くれぐれもご注意を。