未分類

PS4 背面ボタンアタッチメント 背面パドル

プレイステーション4の純正コントローラーのEXT端子に装着する背面ボタンアタッチメントを使ってみました。


自分には背面パドルというよりも、押した感じはボタンです。
クリック感があって、マウスのボタンに近いと思います。

APEXの射撃練習場で試しに使ってみましたが、モンハン持ちが苦手な自分にはいい感じです。


このPS4背面ボタンアタッチメントで出来ること

十字ボタン以外のボタンを背面の左右のボタンに割り当てることができます。

背面ボタンそれぞれ別に連射を設定できます。

装着したままイヤホン・イヤホンマイクを挿すことができます。

USB端子は使わないので、コントローラーを充電しながら使用することができます。

このPS4背面ボタンアタッチメントで出来ないこと

十字ボタンの割り当てはできません。

プログラム機能はないので、「○ → △ → □」や「R2 + L2」のようなことはできません。

プリセットのような機能はありません。
設定が保存されるのは1種類です。あらかじめ何種類か設定しておいて、ゲームごとにプロファイルを変更するというようなことはできません。

リコイルの制御などはできません。ボタン機能の割り当てと連射機能だけです。

電源は内蔵されていないので、コントローラーに接続しないと動作しません。

EXT端子を使用するので、アタッチメントを外さないとEXT端子を使用する充電器ではコントローラーの充電ができません。

使い方

ボタンの割り当て

コントローラーの電源を入れる

設定されているボタンの表示の横のLEDが点灯します。
点灯しない場合は設定がありません。

背面の左右どちらのボタンにどのボタンの割り当てが設定されているかは、この状態ではわかりません。

SETボタンを長押し

LEDが点滅します。

背面の設定したいボタンを押すたびにLEDの表示が切り替わるので、設定したいボタンの表示にあわせます。

左右それぞれで設定できます。

SETボタンを押す

SETボタンを押すとLEDが点灯に変わります。

これで設定完了です。

連射機能の設定

連射機能をON・OFFする場合は、TURBOボタンと背面の設定したい方のボタンを同時に押します。

最後に

この背面ボタンアタッチメントは、ソニーのOfficial Licensed Product (OLP) 認定商品ではないので注意が必要です。

ゲームや大会などによっては、規約により使用できない場合があります。

HDMI出力をパソコンへ入力して録画する

amazonで売っているHDMIスプリッターとセレクターの話です。

HDMIから入力してPCに録画できるようにする必要が出てきたので以下のものを購入してみました。

まずは、「Mirabox HDMIキャプチャ」から。

HDMIから出力をUSBに変換してPCに入力します。
普通に使えてます。
USBポートに刺せば、カメラデバイスとして認識されるので、カメラアプリなどの入力機器の設定に「Mirabox」が出てきます。

出力できる最大の解像度は、「1920×1080」でフルハイビジョンです。
入力は4Kでも大丈夫らしいですが、4K出力できる機材を持っていないので試していません。

あと、USB3.0ではなく、USB2.0です。
なのでUSB2.0ポートに刺しても問題ないと思います。(やってみてないので自己責任でお願いします)

ちょっと発熱があります。
横にあるプレステ4のファン全開時よりは温度は低そうです。
金属の筐体なので安心感はあります。

amazonには同じようなものが販売されていますが、ほぼ同じものだと思います。

次は「HDMI分配器」です。

HDMIの出力が1つしかないので、2つに分配して同じ画面を同時に出力します。
このHDMIキャプチャは若干遅延がでるので、プレステの画面をPCで観ながら録画するとFPSなどのゲームでは致命的です。
なので、プレステなどはPCとは別に普通にテレビやモニターに繋いでプレイします。

PCで映像を観ながら作業やゲームできるのなら必要ありません。

この分配器も出力できる解像度に上限があって「1920×1080」でフルハイビジョンです。
入力は4Kでも大丈夫らしいですが、Mirabox HDMIキャプチャと同じく、4K出力できる機材を持っていないので試していません。

ちなみに、この分配器はUSBから電源を取る必要があります。

続いて、「HDMI切替器」です。

いくつかのHDMI出力のどれかを1つのモニターに出力します。

自分の場合は、HDMI入力のあるモニターの数に限りがあるので切り替えながら使えると便利なので使用しています。

自動では切り替わりません。
まんなかの小さいボタンを押すと入力が切り替わります。
自分の環境では、自動で切り替わるよりも、意図せずに切り替わることがないのでこっちの方が使いやすいです。

HDMIの出力端子がついているものでケーブルが50cmほどなので、モニターの近くに本体を置いて切り替えることになります。

入力が3つありますが、普段使うのは2つで1つは空いてます。
入力2つと3つに値段の差があまりなかったのでこれにしてみました。

最後は、「HDMI分配器HDMI切替器双方向」です。
値段が安かったので買ってみました。

結論から言うと、まあ、使えてます。

「HDMI分配器」とありますが、1対1での出力になります。
なので、1つのHDMIの入力を2つのHDMIに同時に出力することは出来ません。

「HDMI切替器」としては、普通の動作です。
2つの入力を切り替えながら1つのモニターで表示することが出来ます。

どれもamazonで購入が可能ですが、激安のものは中国発送で到着するまでに時間がかかるので注意が必要です。
中国発送のものは経験上2週間程度で届きますが、amazon発送なら2日間程度で届きます。

さらに言えば、中国のお店から直接買えばもう少し安く買える場合もあります。

ダイソー mini HDMI 変換アダプター

Raspberry Pi Zero W 買ってみました。

モニター無しでインストールする方法もあるようですが、こんなのがPCとして動いている様子が見たくてモニターを繋ごうと思います。

が、「mini HDMI」なんですね。

フツーのHDMIケーブルは何本かあるけれど、mini は持っていないので変換アダプター買ってきました。

ダイソー HDMI ミニに変換アダプタ

どうやらフツーに使えるようです。

オムニウッティ ニュートラル バケツ

先日の世田谷ベースの視聴者さんとのやり取りで紹介されていたバケツ。

自分でも欲しくなって探してみました。

omnioutil neutral オムニウッティ ニュートラル バケツLL 20リットル マスタード 八幡化成

PPなので耐熱温度は120度ですが、耐荷重は150キログラムとなっています。

今までは、オイルの入っていたペール缶に蓋をつけて使っていましたが、カンカン音がするのと、国産メーカーの物だったのであまり格好が良くありませんでした。

で早速お花見バーベキューに持っていきました。

座ってもしっかりしていて、荷物も入るし、水も汲める。

大活躍です。

Arduino MEGA2560 互換ボード

Arduino MEGA2560 互換ボードが国内発送で1,000円程度で売られていたので買ってみました。

 

 

現時点での最新バージョンのArduino IDE 1.8.5をダウンロードして、Blinkのスケッチを書き込んでみます。

 

が、COMポートにArduinoが出てきません。

PCには認識されているのに。

windows 10 にしてからArduinoに書き込みしていなかったので、デバイスマネージャからドライバを更新してみたらUSB-SERIAL CH340 となりました。

 

でも、Arduino IDEから見えません。

 

調べてみると、どうやらArduino IDE 1.8 ではこのチップを認識しないことがあるらしい。

 

Arduino IDE 1.0.5で試すと無事に認識されてスケッチを書き込むことができました。