エアコンのリモコン分解

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近急に寒くなってきたので、エアコンの電源を入れる。

最後に使ったのは夏なので設定は冷房。

暖房に切り替えるべく、リモコンの暖房ボタンを押す。

 

暖房にならない。

 

メニューボタンなんか押してないのに、リモコンの扉を開いてメニューボタンを押した状態になる。

他のボタンも同じ。表のふたの裏側のボタンが押されたことになってしまう。

 

暖房に切り替えられない。

 

エアコンは三菱電機のMSZ-ZWなんとか。

リモコン形式はPG072とか書いてある。

通販で探すとヨドバシとかでも買えるみたいだ。

金額は、5,000円らしい。税別で。

 

 

 

どうせスイッチの接触が悪いとかでしょ。

 

分解します。

表の扉を外してますが外さなくても分解できます。

というか、表の扉を外すのが一番難しかった。

 

裏の電池カバーを外してネジを一本外して、ケースを割ります。

表の扉を開ると左側に若干の隙間があったので、マイナスドライバーを突っ込んで割りました。

 

中の基盤は一枚で上側のネジ1本で止まってます。

 

基盤を見たら液漏れした電池にやられたみたいです。

パターンが切れてました。

半田付けして、ケースを元に戻して終了。

 

これで無事に冬が迎えられます。

 

しかし、最近の電池は必ず液漏れするなぁ。

まあ、100均の電池だからしょうがないか。

トラブルになりそうなところには使えそうにないけど。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. くまもん より:

    おもての扉部分どうやって付け外しされましたか?
    落としたら表の扉がとれてしまってつけるにつけきれなくて困っておりまして、、

    1. takashi より:

      くまもんさん
      コメントいただいていたのに、気づかないでごめんなさい。

      扉部分は、上下の棒状のでっぱりで引っ掛っていたと思います。
      もとに戻すには、片方のでっぱり部分を引っ掛けておいて、もう片方を無理やり押し込むことになると思います。

      結構タイトだったので、かなり力が必要だったはずです。

コメントを残す

*