Windows 10 Anniversary Update を適用してからVPNが繋がらなくなったのでメモ。

アニバーサリーアップデートを適用してからVPNに接続を試みると

「リモートコンピューターと最初にネゴシエートするときに、セキュリティ層で処理エラーが検出されたため、L2TP接続に失敗しました」

と表示されて繋がらなくなりました。

アップデートを適用していないPCから接続したり、androidなスマホから繋げていたので、必要性に迫れておらず放置していました。

この度、Windows 10 Creators Update を適用したのでVPN接続を試してみました。が、やはり繋がりませんでした。

ちょっと本気で原因を調べてみることにしました。

TCP/IPv6が有効になっていてアドレスを自動取得するように戻っていました。

今まで気が付かなかった。自分のバカ…。