pebble time round バンドを交換する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段使っている腕時計、というかスマートウォッチの部類に入る「pebble time round」。
結構気に入ってます。

少し前の話になりますが、これ使う前は「pebble time」を使ってました。普段の仕事にはちょっとおもちゃっぽくて、やはり「moto360」とかにしようかとも思ってました。
でも、電池持ちがねぇ。

その後、pebbleが買収されたりしました。
そんな時に、ふとamazonを徘徊していると「pebble time round」がまだ売られている。しかも、海外したが安い。
「pebble time」買う前に本当は「pebble time round」が良かったんですけど、値段が2倍位したので諦めたんです。
それが「pebble time」より安く買えるようになっていたとは!!!

ぽっちっと。

それはもうお気に入りでしたよ。

夏以外は。

「pebble time」みたいに普通のシリコンバンドなら良かったんですけど、ちょっと生地が貼ってあって暑いんです。

で、もちろんカスタマイズです。

amazonで物色。

私はメタルバンド派ですので、探します。
ボディーが黒なので、黒いのを。

見つけたのがこれ。

Pinhen MOTO 360 時計バンド ステンレス ウォッチ 交換ベルト バネ棒 20mm (20MM Butterfly Black)

なんかいろいろ種類があってすごくわかりにくかったですが、一応絵と同じものが届きました。

黒は塗装で、クリアが上から吹かれてます。ちょっとテカテカしてます。

まあ色は剥げても塗ればいいのでいいんですが、それより何より、

勝手に開くんです。

手首曲げると、ボタンを押してしまって勝手に開いちゃうんです。
せっかくしっかり止まっているのに、手首を内側に曲げるとボタンに当たるんです。
コマの位置を変えていろいろ試したんですが、当たってしまうんです。

そんな時は、更にカスタマイズです。

前の写真を撮ってないんですが、カスタマイズ後です。

ボタンが張り出していたのを、両側3ミリほど削りました。
これで勝手に開かなくなりました。

めでたしめでたし。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*